高気密高断熱の家を目指して

私が岐阜県内に注文住宅を建てる時に一番大事にしたいなと思ったことは、家の中の快適性です。冷暖房の効き目が良いということですね。今はどんどん新しいエアコンなどが発売されていますけど、それをしょっちゅう買い替えるだけのお金はないですし、何より面倒です。だから家電で家の中の温度を快適に保つのではなくて、家そのものを魔法瓶のようにしたいなと思いました。
そこで重要になってくるのは断熱材です。一般的にはグラスウールが使われていますが、よくハウスメーカーのサイトには「グラスウールの〇倍の断熱性がある!」と比較材料として使われているので素材としては低いレベルだと思います。この厚みがどれだけかにもよるでしょうけどね。
グラスウールの次に使われているなと思ったのはロックウールですが、ハウスメーカーはオリジナルの断熱材を作っているところが多かったです。パネル工法ならそのパネルが断熱材も兼ねているという場合も多いので、オリジナルの中から選んだ方が高気密高断熱になると思います。